女性ホルモンを増やす方法|大豆類を摂取しよう

錠剤

腸内環境を整えよう

乳酸菌サプリを飲むタイミングや方法を知っておきましょう。空腹時よりも食後に常温の水で飲むと成分をムダにすること無く吸収できます。また、毎日同じ時間に飲むようにすると効果倍増です。

美容や健康を守る成分

女の人

女性は若い頃と歳を重ねた後ではホルモンの分泌量が変わってきます。そもそも女性ホルモンには美容や健康を守る働き以外に精神的な安定をもたらす作用もあるので、加齢によって減少すると女性特有の様々な病気を引き起こします。その代表的な病気が更年期障害で体のほてりや慢性的な頭痛、情緒不安定といった症状が現れて日常生活を送ることが困難になります。そのため、女性ホルモンを増やす方法を知ることで歳をとっても健康的な毎日が送れるように努めましょう。まず、女性ホルモンにはエストロゲンという成分がありますが、これは基本的に体の中で生成される成分なので外から摂取することは難しいものです。しかし、エストロゲンに似た働きをする栄養素を摂取すると女性ホルモンと同じ作用をしてくれます。イソフラボンという主に大豆類に含まれる成分はエストロゲンと近い働きをする栄養素として知られています。健康意識が高い女性は毎朝豆乳を飲んだり、豆腐や味噌などの大豆製品を口にしていますが、実は食材からイソフラボンを摂取しても体内でエクオールという物質に変換されないと意味がありません。日本人の中にはうまく体内で変換できない人がいるのでネットなどでセルフチェックをしてみましょう。万が一体質的にイソフラボンを分解できない場合はエクオール配合のサプリを利用しましょう。女性ホルモンを増やす方法はいくつかありますが、食事改善とサプリの併用でより絶大な効果を発揮します。また、このような対策は年をとってからではなく若い間で初めておくと良いでしょう。

サプリメント

肝臓を補助する栄養素

オルニチンは肝臓の働きをサポートするアミノ酸の一種です。解毒や代謝、栄養素の分解をバックアップしてくれるので積極的に摂取しましょう。しじみに多く含まれていますが、サプリを使うと効率的です。

錠剤

効果のあるサプリ

ダイエットサプリとして有名なすっぽんもろみはネット通販で購入できます。個別で買うよりも定期コースを利用するとお得になります。また、口コミでも評判が良いので一度試してみましょう。